NAKATOYO.com ナカトヨドットコム

 

ナカトヨドットコム修理のご依頼と結果事例  (Jan. 2010)

ナカトヨドットコム弊社がお取り寄せし,納品したPM-SDRではないのでしたが,受信できないのでなんとか見てほしい旨ご依頼があり,無料で修理を行った事例です。(お客様は完成品を購入したとのことですが,現在は,キットしか販売されておりません。LCD表示部保護版が塗装なしのアルミ板むき出しなので,最近の物ではなさそう?【写真3】)

1
    • 依頼主から送付されて来たPM-SDRの上蓋をあけ,アンテナ,USBケーブルつなぎ状況確認の作業開始。念のため,基盤裏側の半田づけ状況もチェック。
      修理のためのPC環境;WindowsXP/SP3(日本語版),2GBメモリー。
    • PM-SDRの心臓/頭脳部はMICROCHIP社のPIC18F4550/44-Pinです。

上に戻る

    • ファームウエアが動くようになりました。
      PM-SDR by IW3AUT
      DLL V3.0 rev4
      の表示。(ファームウエアの再インストールはMicrochip社の専用アプリケーションでUSBケーブルを介して行います)
    • 受信が出来るようになりましたが,PC上のAP表示とPCから聞こえる放送局との周波数がちぐはぐ。AP画面表示594KHzで短波放送のようなQSBを受けながら中国語の放送が聞こえだしましたが?この時LCDの周波数表示にビックリです。クロック周波数でもないし?今少し調査&チェックを継続。
    • 最終動作確認中のPC画面(NHK東京第一放送(594KHz)を受信中。画面表示の周波数と放送局の周波数一致)正常動作確認できました。(受信に使用したアンテナは,イタリア製のハーフロムビック

ナカトヨドットコム原因個所特定は無償作業を行った弊社のノウハウ(技術スキル=財産)とさせて頂きます。

PM-SDRのお取り寄せは技術力と信頼の「株式会社 ナカトヨドットコム」をご利用下さいませ。

上に戻る

ナカトヨドットコム前のページに戻る

Thank you for visiting www.NAKATOYO.com